基礎知識

ショットブラストとサンドブラスト、グリッドブラストの違いとは?

ブラスト加工には、「ショットブラスト」「サンドブラスト」「グリッドブラスト」などの種類がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか??

今回は、それぞれのブラスト加工の違いや特徴について紹介します!

ブラスト加工の種類によって使用される研掃材(投射材)が異なる

「ショットブラスト」「サンドブラスト」「グリッドブラスト」では、加工対象物に投射する(打ち付ける)研掃材が異なります。

ブラスト加工の種類 研掃材(投射材)の種類
ショットブラスト 細かな鋼球(スチールショット)
サンドブラスト 珪砂という種類の砂など
グリッドブラスト 鋭角な形状をした鉄の粒(グリッド)

 

株式会社ニホンケミカルでは、鉄鋼素材に対し、自動ライン(ローラーコンベア式)によるスチールショットブラスト加工手動ブラスト(エアーブラスト)によるグリットブラスト加工を行っています。(※サンドブラストには対応しておりません。)

 

今すぐ無料で見積もりを依頼する

「ショットブラスト」「サンドブラスト」「グリッドブラスト」それぞれの特徴とは?

ショットブラスト、サンドブラスト、グリッドブラストでは、それぞれ加工の特徴が異なり、加工対象物の素材や形状・大きさなどによって適した加工方法が選択されます。

それぞれの特徴について解説します!

ショットブラストの特徴

ショットブラストは、製品の装飾や美観仕上げのために利用されることもありますが、一般的に、塗装前の鋼材の下地処理のために行われます。

加工を行うことで対象物の表面に小さな凸凹ができ、塗装が密着しやすくなり、錆が進行しづらくなります。

 

また、研掃材として使用される鋼球(スチールショット)は、珪砂よりも硬度が高いため、サンドブラストよりも効果的に固着した錆や汚れを除去することが可能です。

ショットブラストが使用される業界や加工対象物

ショットブラストは、鉄工・造船・建築業界などで活用されており、下記のような長期に渡って塗膜による鋼材の保護が必要なところに使用されています。

  • 橋梁
  • 造船
  • 電力プラント
  • ガスタンク
  • 海洋構造物
  • 美観を重視した建物

ショットブラストの目的、効果、仕組み、種類を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

【図解】ショットブラストとは?目的、効果、仕組み、種類をわかりやすく解説ショットブラストについて、基礎から知りたい方へ向けた解説記事です!ショットブラストの目的、効果、仕組み、種類などについて図解を交えてわかりやすく説明します。...

サンドブラストの特徴

サンドブラストでは、大型のブラスト室を使用するため、建築用資材や工場設備、タンクなどのサイズの大きな対象物を加工することができます。

また、サンドブラストは摩擦係数が低いため、表面粗さを抑えることが可能であり、母材を傷つけずに滑らかな仕上げが可能です。

使用する研掃材の粗さを変えることにより表面の凹凸の荒さや光沢の度合いを調整することも可能です!

他の研掃材と比較して、サンドブラストで使用されるものは安価で軽量のため扱いやすいのがメリットです。しかし、砂であるため形状維持が難しく使いまわしがしにくいというデメリットもあります。

サンドブラストが使用される業界や加工対象物

サンドブラストは、既設構造物の補修工事に「旧塗膜除去や発錆除去」が必要となるケースで活用されることが多いです。例えば、タンクなどの既設の鋼構造物や大型船舶の修繕工事などに用いられます。

他にも下記のような対象物にサンドブラストでの加工が行われています。

  • 造船・橋梁・水門・建築・土木・鋼構造物全般
  • 錆を嫌う製品(ステンレス)
  • 美感に厳しい製品や表面硬度が低い対象物

グリッドブラストの特徴

グリッドブラストの特徴の1つは、研磨力の高さです。ショットブラストと比較して、より強力に錆や汚れを除去することが可能であり、塗装前の下地処理として高い効果を発揮します。

また、大型のブラスト室を使用して加工を行うため、大きな物をブラスト処理することができ、スチールショットでは対応できないサイズや形状をした製品の下地処理を行う場合に活用されます。

このようなメリットがありますが、ショットブラストと比べて、サンドブラストと同様に人的作業を伴うため加工費は高くなります。

グリッドブラストが使用される業界や加工対象物

グリッドブラストは、サンドブラストと同様に、重防食を必要とする製品に使用されます。

サンドブラストとの大きな違いは、研掃材(投射材)がスチールショットと同様に再利用(循環)可能なところです。

サンドブラストに使用する珪砂は一度の投射で役目を終え、産業廃棄物になってしまいます。

まとめ

  • 「ショットブラスト」「サンドブラスト」「グリッドブラスト」では、加工対象物に投射する(打ち付ける)研掃材が異なる。
  • それぞれの加工方法では、特徴やコストなどが異なる。
  • 加工対象物の素材や形状・大きさなどに合わせたブラスト加工を選びましょう!
金属に対するショットブラスト加工ならニホンケミカルにお任せください!それぞれに特徴を持った全国7工場(9生産ライン)で運送コスト低減・短納期を実現します!

今すぐ無料で見積もりを依頼する

ショットブラストの発注ノウハウを知りたい方へ

ショットブラスト加工について、「加工業者の探し方」「加工業者の選定方法」「短納期で依頼する方法」「低価格で発注する方法」など、ご発注者様が気になる情報を1冊にまとめました。